独立する準備として

独立する準備として

介護事業で開業を目指す過程として、
フランチャイズ加盟をするのも1つの手段です。
 

 

特に、今まで介護というものに携わってこなかった方にとっては、
経営や実際の介護のノウハウを身に付けられるため、有効な方法といえます。

 

施設やインフラも提供されるので、現場の空気を早く知りたい方にオススメです。
ブランド力のおかげで集客に腐心する必要が少ないのも嬉しいですね。

 

ただし、良いことばかりではありません。

 

フランチャイズの加盟料だけでなく、ロイヤリティを数年に渡って支払うことになりますし、
本部が加盟店に介入することで自由な経営が行えないこともしばしばです。

 

自由度が低い反面、本部による経営支援をしてくれることもあるので一長一短です。

 

儲ける目的ではなく、
数年間かけて勉強するつもりであれば、安い授業料といえるでしょう。

 

加盟するフランチャイズ本部の決定には、慎重を期する必要があります。

 

まずは、自分が経営しようと考えている介護形態に近いことが重要です。

 

いくつかの企業の説明会をまわり、経営理念やビジョンを確認しましょう。
自分がそれに共感出来るかが、選ぶうえでのキーポイントになります。
加盟することのメリットだけでなく、デメリットについてもきちんと説明する会社の方が、
信頼出来る確率は高くなります。

 

開業した際後のアフターフォローやサポート体制も、しっかり説明してもらいましょう。
最近では、フランチャイズに加盟する際に補助金を出してくれる地域もあるため、
活用することをオススメします。